今&人

フォローする

  • Twitter
  • Facebook
  • Instagram
お問い合わせ
English Japanese

つくるひと |

八ヶ岳食工房代表 加藤公貞(Kimisada Kato)さん
1から2は資本力だけど 0から1は人間の勘 【第3話】

かとう きみさださん

元ワーナーミュージック・ジャパン・プロデューサー。日本で最初にボン・ジョヴィを紹介したことでも知られる。2011年、定年前の56歳で退職し、信州八ヶ岳山麓に「八ヶ岳食工房」を設立。信州の気候と天然調味料で熟成された生ハムやベーコンを一人で製造・販売している。

音楽会社のトッププロデューサーから生ハム工房の店主へ。いまでこそ、多くの人たちの相談役となっている加藤さんですが、ふり返ってみると、自身にも相談にのってくれて、背中を押してくれるメンターの存在があったと言います。 >>第1話はこちら

東急文化村の
田中珍彦さんとの出会い

人の相談にのることはあっても、自分からはあんまりしないかな。でも自分自身、すごく恵まれているなということはありました。

会社に勤めながら、生ハム作りを試行錯誤していた50代のとき、ひょんなことがきっかけで、東急文化村の元社長の田中珍彦さんに出会うんです。そのころ、僕は仕事で沖縄にしょっちゅう行っていたのですが、よく泊まるホテルのバーのカウンターのお兄さんが「東京から変なおやじがたまに来るんだ」って言うんです(笑)。「加藤さんと気が合うと思うから、3人でごはんを食べに行かない?」って。

それで、その変なおやじとお兄さんと3人でごはんを食べに行った。お酒も飲んで「じいさんは、何やっているの?」と僕が聞くと、「まあ、いいじゃねえか。ただのふらつきだよ」なんて言うわけ。絶対に自分の素性を明かさない。でも帰りぎわに「東京に戻ったら電話くれよ」って、ナプキンに田中という名前と電話番号を書いてくれたんですね。

それで東京に戻って、電話したら「東急文化村です」。「田中さん、いらっしゃいますか」って言うと「弊社の田中は代表の田中しかおりませんが、まちがいございませんか」。「田中さん、社長じゃねえか」って(笑)。

それで次に会いに行ったときに「僕は音楽もやっているけれど、将来は生ハムを作りたいと思ってね」という話をしたんですね。だったら「作った生ハムを持ってこい」って。それで一度持っていったら、もう少し塊で持ってこいって。何をするのかと思ったら、東急フードショーの部長やドゥ マゴ パリの料理長、通販の責任者なんか14、15人ぐらい呼んで、生ハムの品評会をやるからって(笑)。ドゥ マゴ パリの隅っこを貸し切りにして、加藤生ハムショーが始まるわけですよ。

生ハムをみんなにふるまって、田中さんが「どうだ?」って言ったら、みんなが口をそろえておいしいと。でも僕は「社長が聞くからおいしいって言っとけば問題ないみたいなのは嫌だ」って言ったんです。マズイからこんなの商品にならないって言われて当たり前。その言葉が出てこないこと自体、俺は信用しないって話した。

そうしたら、田中さんが「俺は社員にそういう教育はしていない」って言うわけ。「みんながそう言うんなら、ほんとうにおいしいんじゃない?」って。そのうえで「加藤くんも50代に入っている。これから音楽で頑張って仕事をするのは無理だろう。真面目に生ハムで頑張ってやれ」って。応援するからって言われたとたんに「俺って生ハムでいけるんだ」みたいなことを思うわけ。自分では全く自信がないのに、そこで会社を辞めて生ハム1本でやっていくことを真剣に考え始めるわけですね。

人生の岐路というのがある中で、当時の田中社長に言われたことは、僕にとっては非常に大きかった。「俺でもできるんだ」という自信を与えられたんですね。

ハテナマークのある環境が
動物的な直感力を養う

何でも新しいことをするときは、勘でやるしかない。1から2にするのは資本力でいけるけれど、0から1にするのは人間の勘ですね。

勘というのは、生まれもって親がくれたものと、これまでのいろいろな経験。「このときはこうだったな」ということを、自分の頭の中で計算できるようになると勘になる。やっぱり経験ですよね。

いろいろな経験を積むと「これはヤバイぞ」「急いでやったほうがいいかな」って、動物的な直感が働くようになる。そういった動物的な感覚を養うには、いつもハテナマークが浮かべられる環境にあるかどうか。「これはなんで?」って常に探究心を持っていれば、自分に対して緊張感が持てる。自分のために勉強できるかどうかっていうのは大きいですよね。

でも人の知らないことを一生懸命、勉強するって、楽しいといえば楽しい。そんなことを僕のところに相談に来てくれた人には、いつも言っている気がします。別名、無知につけ込む悪いヤツ。でもつけ込まなきゃいいわけですもんね(笑)。僕自身、これからも楽しく勉強して動物的な感覚を磨いていきたいですね。

ほんとうに美味しい! 八ヶ岳職工房のサイトはこちら

http://8foods-factory.com/

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE

ご感想をお願いします

*可能ならご入力お願いします。
入力された内容は公開されません。

おすすめの記事